【WEB】危険物取扱試験(乙種第4類) 講座

■ 危険物取扱者試験とは?

1.危険物の取り扱い、立ち会いに必ず必要な国家資格
2.実用性・企業のニーズとも高い資格
3.即戦力として活躍でき、収入につながりやすい

■ 目指す業種・職種

引火性液体(ガソリン等)を取扱う施設や、工場の管理、ビルの設備管理者等

■ 講座概要

変更になる可能性があります。最新の情報はニュースでご確認ください。
試験概要は各協会HPも併せてご覧ください。
不明点はスタッフまでお気軽にお問合せください。

受講方法

WEB講座

開講時期

≪夏期≫   8月~11月

≪冬期≫   1月~  4月

※原則、実施される検定日の月末までを視聴可能としています。

申込期間

≪夏期≫  7月

≪冬期≫  12月

■ 試験概要

試験日

都道府県により異なる(本籍地の確認が必要です)

 試験会場

学外

科目

①危険物に関する法令

②基礎的な物理学及び基礎的な化学

③危険物の性質ならびにその火災予防及び消化活動

時間

120分

問題数

35問

試験方式

五肢択一式

全国統計
合格率
43.8%(2022年4~5月)

36.1%(2021年度)

38.6%(2020年度)

 38.6%(2019年度)